イライラや落ち込みなど、生理前に起こる心の変調は毎月のことだけにつらいものです。このようなとき、サプリメントは症状の改善に強い味方となりま す。では、どのような成分が有効なのでしょうか?生理前のイライラに効果的なサプリメント成分について、詳しく見ていきましょう。

生理前のイライラを改善する代表的な成分

イライラの改善に役立つ主な成分には、テアニン、γ-リノレン酸、チェストツリーがあります。

テアニン

緑茶に多く含まれるアミノ酸の一種で、NEW勃動力三體牛鞭気持ちをリラックスさせる効果があります。緑茶だと、テアニンだけでなく興奮作用のあるカフェインも同時に 摂ってしまうため、大量に飲むことはおすすめできません。リラックス効果を得るためには、テアニンの含まれたサプリメントをチョイスする方法もあります。 心のバランスが崩れそうなときに、やさしく作用してくれます。

●γ-リノレン酸

月見草やマツヨイグサに含まれている脂肪酸の一種で、女性ホルモンのバランスを整える働きをします。心の不調だけでなく、シアリス生理痛などの体の不調もカ バーしてくれる女性に嬉しい成分です。生理前や生理期間だけでなく、日常的に摂取することでホルモンバランスを整えることができます。

チェストツリー

ホルモンバランスを整えてくれるハーブで、セイヨウニンジンボクやイタリアニンジンボクとも呼ばれます。不妊治療や母乳の出を良くするためにも使われており、日常的に飲むことでホルモンバランスを整えることができます。

この他にも、マグネシウムやビタミンB6が痛みや憂鬱、イライラ、むくみの解消に効果的とされていますし、カルシウムとビタミンDは気分の変化や食欲の増加を抑える作用があると言われています。

サプリメントには医薬品のような即効性はありませんが、続けて飲むことで体や心の調子を無理なく整えていくことができます。三便宝生理前の期間も快適に過ごせるよう、それぞれのサプリメント成分を日常に上手に取り入れていきましょう。

意外な効果が期待できるプラセンタ

さまざまな薬理作用が期待されているプラセンタですが、ホルモンバランスの変動から来る生理前のイライラや不快感・緊張を緩和し、自律神経の働きを整えて精神を安定させる働きもあるため、月経前症候群(PMS)にも活用されています。

プラセンタには、病院を受診した上で専門のドクターが処方する注射薬・内服薬、薬局で求めることができる健康食品・サプリメント、美容品としての化 粧品があります。注射薬は即効性がありますが、期間をおいて繰り返し打つ必要があります。それに対し、内服薬やサプリメントには即効性はありませんが、続 けることでゆっくりと効果が現れてきます。

プラセンタのサプリメントは種類が豊富で、豚由来のものや馬由来のものなど、その原料も異なるため、摂取する際は安全性を確かめた上で納得できるものを選ぶようにしましょう。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています