生理前になると現れるつらい症状の「月経前症候群」(PMS)のなかでも、特に心の不調が強く出るものを「月経前不快気分症候群」(PMDD)とい います。なぜ、生理前になると感情の起伏が激しくなり、気分のコントロールが難しくなるのでしょうか?そのメカニズムをみていきましょう。

生理前に感情が揺さぶられるメカニズム

生理前に起こる不快な感情は、排卵を境にして黄体ホルモン(プロゲステロン)が急激に分泌されることが関係しているのではないかと考えられています。

女性ホルモンには黄体ホルモン(プロゲステロン)NEW勃動力三體牛鞭と卵胞ホルモン(エストロゲン)があるのですが、排卵期にはこのふたつの分泌バランスが急激に変化 するため、心や身体がそれについていけなくなると言われています。また、感情の伝達を司る神経伝達物質の量とその働きに、女性ホルモンが関係しているので はないかという説もあります。

気分の揺れの程度には個人差が大きく、またその期間も、生理直前のみ症状が出る人から排卵期直後から生理が終わるまでの長期間に及ぶ人までさまざまです。シアリス激しい症状が長期間出る場合は、社会生活や人間関係に支障をきたすこともあります。

しかし、生理による気分の変調はホルモンバランスの変化から来ているため、自分が悪いわけではなく、自身でどうにかできるものでもありません。まず自身のホルモンバランスが変化するリズムを把握し、その上で対処法を考えていくことが大切です。

イライラを解消するには

症状が軽度の場合は、休養をとり、リラックスした規則正しい生活を送ることで気分をおだやかにすることができます。疲れやストレスが多い生活は、よ り激しい心理的症状を引き起こす原因となりますので、生理前の期間は余裕のあるスケジュールを心がけ、家族や周囲の人の理解を得るようにしましょう。

気分の変動が激しい場合には、ホルモンの変動をなだらかにするために「低用量ピル」を服用することをオススメします。また、三便宝漢方薬を使って体質改善 を行う方法もあります。体と心の不調が同時に出るような場合には、まず体の不調をとりのぞく治療を行うことで心の平穏を取り戻すきっかけを見つけやすくな ります。

何よりも、ひとりで悩まず、専門のドクターや周囲の人に相談するようにしましょう。また、基礎体温を測って自分の生理リズムと不調が起こるタイミングを記録しておくと、適切な時期に対処を行うことができるので便利です。





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています